• Atelier Birch

白樺の星

#

白樺のワンポイント NO9

白樺の星のリースはクリスマスシーズンを控え、ぜひ編みたい作品の一つですよね!

個人の勝手が違うので、正解はありませんが、ワンポイントとしての情報です。

今回は、ワークショップをやっても半分の方が引っかかるところで、星のとんがっているところどういう風にするの?綺麗な形にならない!って事です。

そして、この星の編み方って、白樺の本だけでなく、ソストレーネグレーネでも動画公開してます。

また、「北欧の可愛い切り紙」という本にも載ってます。それらを活用するのも良いですね!

では、実践する前に、頭の中で考えてみてください。

尖っているのはここが円錐形になってるからだと。

円錐形にするには、どうしたら良いか?円錐形の展開図ってどんなんだっけ?って。

そうすれば、立体にならないのは捻り方が足りないからだと気がつくはず!

そして、回転させる方向を考えて下さい。

刺してそのまま回してカッコよく尖らないなぁ〜と思ったら、反対方向に回してみてください。

トンガリがカッコよく立体になるように。

これを理解する為、色画用紙を帯状にカットして試し編みをしてみるのも良いと思います。

結果から言えば、ぐるっと正しい方向に回せばトンガリます。

右回りなのか?左回りなのか?は初めの組み方によって違うので断言出来ないのが残念ですが、実践あるのみです。

リースの星の場合と長いオーナメントの先に付ける星の場合は「片面だけ」と「両面」の違いだけです。

最後に、さてとんがった先の帯をどこに入れたら正解?

組んだ後に三角に折った星のとんがりの間から出すのが正解です!

樹皮幅で出来上がったリースの大きさがかなり違いますのでお好みで選んでください。

132回の閲覧

最新記事

すべて表示

ショルダーバッグのひも

# 白樺のワンポイント NO13 * ショルダーバッグにする時、ショルダー紐をヌメ革で本体に付けるのも良いけど、ショルダー紐をコーデイネートに合わせて付け替えたいなぁ…。なんて思った事無いですか? 本体にDカンを付ける事で解決しましょう! * 準備するもの Dカン Dカンを取り付けるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体の両サイドに穴を3つ開けます。

大きなカゴやバッグの取手 その2

# 白樺のワンポイント NO12 * マフラーなどのフリンジを付けるやり方を使った方法を紹介します。 * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 裏用の革 革用の針 * 本体と裏用の革と、持ち手に穴を3つ開けます 上から1番目、2番目、3番目とします * 革レース2本を半分に折り、輪になった部分を3番目の穴に裏から表に通し、爪楊枝などを刺し穴か

大きなカゴやバッグの取手 その1

# 白樺のワンポイント NO11 * カシメを使う方法以外です * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体に穴を3つ開けます。 1番目と3番目の穴に裏からレース紐を通します。 表に出たレース紐を2本とも真ん中の穴に裏に通します。 裏に出た2本ではじめに通した紐を挟み込んで結びます。 * この留め方で持ち手を数回取り替えました

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋二丁目8番10号

株式会社DreacH

Copyright© 2019. All Rights Reserved to DreacH Inc.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸