• Atelier Birch

白樺のテープを切り出す

白樺樹皮から樹皮テープを切り出すのは、力も必要だし、なんだか大変なんです。

樹皮ってそもそも自然の物だから樹皮自体がうねってたりで、しっかり押さえてもカットしにくくて悩みますよね。

個人の使い勝手が違うので、正解はありませんが、ワンポイントとしての情報です。

オーソドックスなのは、カッティングボードの上でカッターでカットする方法。

ついでに言うと、カッターの刃は切れ味重視の黒刃がおススメです。

真っ直ぐカット出来ますが、力が必要です。

分厚いままカットすると、樹皮幅の精度が悪くなります。

カットした面の角がとれて編むとき、隙間を詰めやすいという利点から、印を付けてハサミで切る方法もあります。

これもある程度の厚さに調節してから切ります。

切れ味重視のハサミを使うことはもちろんですが、ちょっと曲がって切れてしまうのが難点かも。

ヤマブドウやヤマグルミのひごを作るひごカッターというのもあります。

最後の写真を見ればわかりますが、カッターを入れる部分により、カットできる幅が調整できます。

腕の良かった大工さんが、引退し趣味がてら作って販売してます。

これはセットした幅にしかカット出来ませんので幅は正確です。ただやっぱり引く力が必要となり、厚さをある程度まで調整して使います。

慣れてくると早くなりますが、練習が必要かも?

(ご必要な方は、ダイレクトで電話番号をお知らせしますので、直接注文下さい)

たかがカット、されどカット(笑)

他にも色々あるのかも知れません。

年齢を重ねると、力が無くなってきます。

少々値段が張っても、「カットしてある樹皮テープを買って編むだけ」になったらもっともっと楽しいのになぁ〜と思いつつ、せっせとカットしてます。

製材所のカッターのような、格安で自動でカットしてくれる機械を発明してくれないかな??

#白樺の根 #白樺 #白樺細工 #白樺かご #白樺樹皮 #白樺樹皮細工#輸入#ロシア#フォロワー1000名達成記念

88回の閲覧

最新記事

すべて表示

ショルダーバッグのひも

# 白樺のワンポイント NO13 * ショルダーバッグにする時、ショルダー紐をヌメ革で本体に付けるのも良いけど、ショルダー紐をコーデイネートに合わせて付け替えたいなぁ…。なんて思った事無いですか? 本体にDカンを付ける事で解決しましょう! * 準備するもの Dカン Dカンを取り付けるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体の両サイドに穴を3つ開けます。

大きなカゴやバッグの取手 その2

# 白樺のワンポイント NO12 * マフラーなどのフリンジを付けるやり方を使った方法を紹介します。 * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 裏用の革 革用の針 * 本体と裏用の革と、持ち手に穴を3つ開けます 上から1番目、2番目、3番目とします * 革レース2本を半分に折り、輪になった部分を3番目の穴に裏から表に通し、爪楊枝などを刺し穴か

大きなカゴやバッグの取手 その1

# 白樺のワンポイント NO11 * カシメを使う方法以外です * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体に穴を3つ開けます。 1番目と3番目の穴に裏からレース紐を通します。 表に出たレース紐を2本とも真ん中の穴に裏に通します。 裏に出た2本ではじめに通した紐を挟み込んで結びます。 * この留め方で持ち手を数回取り替えました

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋二丁目8番10号

株式会社DreacH

Copyright© 2019. All Rights Reserved to DreacH Inc.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸