• Atelier Birch

材料を育てる腕


白樺を編むとき、表面を滑らかにする為、油を含ませた布で樹皮を拭きますよね?

今回はそのワンポイントです

植物油には「乾性」「半乾性」「不乾性」といった種類があります

アトリエバーチでは、2種類の物を使い分けてます。

・菜種油(不乾性油)

・蜜蝋ワックス 蜜蝋+亜麻仁油または胡桃油(乾性油)

10gの蜜蝋+100ccの亜麻仁油または胡桃油を湯せんで煮溶かし混合させます。(10%濃度)

樹皮を編む数日前に蜜蝋ワックスを指で塗ってビニール袋にいれ寝かしておきます。

とてもしなやかで編みやすいテープに育ちます。

そのテープで編み始める時は、不乾性の油を小さなタオルで塗り、滑りを良くします。

途中で引っかかりが出るようなら、また不乾性の油を塗ります。

今年採取したばかりのロシア産の樹皮は、その必要がないものもありますが、乾燥が進んだ樹皮を編むときは特に前準備が必要です。

以前言われました。

「材料にまさる腕なし」

だけど、「材料を育てる腕」は持ちたいですね。

蜜蝋とか植物油の種類とか、ネットで調べると色々出てきます。ここはさらっと進めましたが、蜜蝋は口紅とかに使われる安全な物なんです。詳しく知りたい方は検索下さい。

また蜜蝋は、ネットで簡単に購入できます。

ただ今、「いいね!」でプレゼント実施中。1つ前の投稿をご覧下さい。

#白樺の根 #白樺 #白樺細工 #白樺かご #白樺樹皮 #白樺樹皮細工#輸入#ロシア

230回の閲覧

最新記事

すべて表示

ショルダーバッグのひも

# 白樺のワンポイント NO13 * ショルダーバッグにする時、ショルダー紐をヌメ革で本体に付けるのも良いけど、ショルダー紐をコーデイネートに合わせて付け替えたいなぁ…。なんて思った事無いですか? 本体にDカンを付ける事で解決しましょう! * 準備するもの Dカン Dカンを取り付けるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体の両サイドに穴を3つ開けます。

大きなカゴやバッグの取手 その2

# 白樺のワンポイント NO12 * マフラーなどのフリンジを付けるやり方を使った方法を紹介します。 * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 裏用の革 革用の針 * 本体と裏用の革と、持ち手に穴を3つ開けます 上から1番目、2番目、3番目とします * 革レース2本を半分に折り、輪になった部分を3番目の穴に裏から表に通し、爪楊枝などを刺し穴か

大きなカゴやバッグの取手 その1

# 白樺のワンポイント NO11 * カシメを使う方法以外です * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体に穴を3つ開けます。 1番目と3番目の穴に裏からレース紐を通します。 表に出たレース紐を2本とも真ん中の穴に裏に通します。 裏に出た2本ではじめに通した紐を挟み込んで結びます。 * この留め方で持ち手を数回取り替えました

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋二丁目8番10号

株式会社DreacH

Copyright© 2019. All Rights Reserved to DreacH Inc.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸