• Atelier Birch

大きなカゴやバッグに挑戦したい!

白樺のワンポイント NO10

白樺樹皮テープで大きなものを編むため長い樹皮が必要になります。

折り返すところまでは、一気に編みたいですよね。

その方が綺麗に仕上がりますし。

まず、決めた樹皮幅のテープを豊富に切り出し準備しましょう!

次に、切り出した樹皮を長くなるようつなげます。

ボンドなどを使いつつホチキスで留めて樹皮を作って下さい。

えっ?ホチキス?

ロシア、北欧の本にも載ってます(笑)

留めたところが底になりますのでホチキスの針が見えないように重なりを気にしながら初めの組み合わせを決めて下さい。

また、全く隙間が無いのは後から、樹皮を痛める原因になりますので、最初に組むとき小さな隙間(針穴位)がある位にして組むのがコツです。

編むときは、ギューギュー引っ張るのは駄目!

指で押し進めて目の隙間を詰めて下さい。

目が正方形であることを意識して。

大物は樹皮の厚さも大切になってきます。

コピー用紙より少し厚めが丈夫なトートバックを編むのに適していると個人的には思います。

接着は、ボンドでするのが良いのか?

グルーガンを使うのか?

ホチキスの針は可能な限り取り外すのが良いのか?

緩む原因だから外さない方が良いのか?

そのケースケースで違います。

樹皮の産地、状態、長さ。

接着するために何を使うのか?、塗る量、その場所。

ホチキスの種類、針の素材(多種あります。)長い1枚を作るため、樹皮繋ぐのにホチキスを何箇所留めるのか?

自然の物なので同じものが無く、一言で言えないのが辛いですが、経験を踏む事が大切だと思ってます。

113回の閲覧

最新記事

すべて表示

ショルダーバッグのひも

# 白樺のワンポイント NO13 * ショルダーバッグにする時、ショルダー紐をヌメ革で本体に付けるのも良いけど、ショルダー紐をコーデイネートに合わせて付け替えたいなぁ…。なんて思った事無いですか? 本体にDカンを付ける事で解決しましょう! * 準備するもの Dカン Dカンを取り付けるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体の両サイドに穴を3つ開けます。

大きなカゴやバッグの取手 その2

# 白樺のワンポイント NO12 * マフラーなどのフリンジを付けるやり方を使った方法を紹介します。 * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 裏用の革 革用の針 * 本体と裏用の革と、持ち手に穴を3つ開けます 上から1番目、2番目、3番目とします * 革レース2本を半分に折り、輪になった部分を3番目の穴に裏から表に通し、爪楊枝などを刺し穴か

大きなカゴやバッグの取手 その1

# 白樺のワンポイント NO11 * カシメを使う方法以外です * 準備するもの 持ち手になるヌメ革(2cm~3cm幅) 2mmから2.5mmの革のレース紐4本 革用の針 * 本体に穴を3つ開けます。 1番目と3番目の穴に裏からレース紐を通します。 表に出たレース紐を2本とも真ん中の穴に裏に通します。 裏に出た2本ではじめに通した紐を挟み込んで結びます。 * この留め方で持ち手を数回取り替えました

〒980-0022

宮城県仙台市青葉区五橋二丁目8番10号

株式会社DreacH

Copyright© 2019. All Rights Reserved to DreacH Inc.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸